一括見積り後の値引き技

一括見積り後の値引き技

一括見積りで納得出来る価格の業者を数社に絞ることができました。
では、次はどうしたら良いでしょう?

 

「こちらの会社は○○円なんだけど、もう少し頑張れない?」
と絞って残った数社の引越し業者に競い合ってもらうのです。
一番最初に提示された見積り金額は「値切られることを前提とした金額」です。
間違っても、
「一括見積りで提示された金額が一般相場で、その中の最安値で決定。」
なんて事の無いように。

 

さらに言えば、何度か値下げした見積額を提示されても、容易に
「わかった。じゃあその金額で。」
即決してしまってはいけません。

 

こう答えて下さい。
「わかりました。A社さんはその金額が限界なんですね。」
「B社さんとC社さんにも金額交渉してみますので、その後でまた連絡します。」

値下げしそうな数社に対してこのような交渉を何度か続けます。

 

そうすれば、かなりのところまで金額は下がっていくはずです。
「最初の見積り金額は何だったんだ!?」
と思うくらいに下がるはずです。

 

中には、脱落していく業者もいると思いますが、そこはお構いなし。
ですので、最初から数社に対して相見積りを取っていきましょう。


もう値切りは限界だと思ったら・・・。

値切り交渉を続けて、値引きに限界が近づき始めると、オプションやサービスの付加で粘る業者さんが出てきます。
そうなればそろそろ決め頃かもしれません。

 

最終提示金額次第で、最も安い引越し業者にするのも良し。
金額ではなく付加的なサービスで頑張ってくれた引越し業者にするのも良し。

 

付加的なサービスとは例えば、以下のようなものがあります。

  • 洗濯機の設置をサービスでやってもらう
  • エアコンの付け替えをサービスでやってもらう
  • 引越し業者が持ってきた段ボールをもらわない(または中古の段ボールで済ます)代わりに割引をしてもらう

 

詳しくは、引越し資材を節約のページを参照して下さい。

 

なお、もしもあなたが最終的に絞った引越し業者がクレジットカード対応な引越し業者だった場合は、
「現金払いするので、もう少し安く…。」
と、交渉してみましょう。
2,000円~3,000円程度割り引いてくれることがあります。

 

そして、こうした各社の営業マンとやり取りによって、営業マンの誠実さや対応の良し悪し、また更には各社の個性なども少なからず見えてくるでしょう。
そこで最終的にはあなたの判断でどこの引越し業者にするのか決めてください。
安くてサービスの良い満足できる引越し業者を選定できるはずです。

 

ただし、気を付けて頂きたいのは、いくら担当営業マンの対応が良かったからと言って、引越し当日に来て作業をしてくれるのは別のサービススタッフであるということです。

 

もしかしたら、作業スタッフの対応が選んだ営業マンのように良いとは限りません。
また、営業から作業スタッフへの引き継ぎがうまくいっていないことがあるかもしれません。
こんな時のために、契約時に担当営業マンの携帯電話番号を聞いておくのが良いでしょう。

値切り交渉での注意点

最後に、見積りのために引越し業者に来てもらう場合の注意点です。

 

あくまでもこれは私の考えですが、
引越しの2日前までならばキャンセル料がかかることは一切ありません。
ですが、一度提示された金額で引き受けたのなら、
「その約束を覆してもっと安い金額を提示した業者にする。」
なんてマナー違反はやめた方が良いでしょう。

 

各業者さんも、契約を取るために可能な限り提示できる条件を必死で模索しています。
そのために時間を割いてお客さんのところに足を運ぶわけです。
安くするためとはいえ、人としてのモラルは守りましょう。トラブルを招きかねません。
そのためにも、引越し業者を正式に決める前までに一括見積りを利用し、そのうえで上記のような値引き交渉をある程度しておけば、後から安い業者が出てきたとしても大きな差は無いはずです。

 

また、引越し業者同士がバッティング(はち合わせ)しないように時間には余裕をもって約束をして下さい。
(経験上、1時間程度の間隔を置けば充分だと思います。)
これは、相見積りをとる際の最低限のマナーです。
また、業者さん同士で金額を示し合わせられても困りますよね。

安い引越し業者に決めるための第一歩です。

安い引越しを実現するために、まずはできるだけ多くの引越し業者から見積りをとる。ことがポイントです。

無料

一社ずつ見積もりを取るのには大変な手間と労力を要しますが、こちらからの一括見積りは、たった一度の入力で236社以上の引越し業者の中からの厳選数社の見積りを簡単かつ無料で請求できます。 サカイ引越センター、アート引越しセンター、アーク引っ越しセンター、引越しは日通、名鉄引越便、ひっこし専門、SG MOVING、クロネコヤマト引越センター、アリさんマークの引越社、アート引越センター、町の引越屋さん、Duck、Hello!!

安い引っ越し業者を
見つける!

※一括見積りを無料かつ簡単に取得する手順はこちらのページで解説しています。参考にしてみて下さい。

 - 安い引越し実現のために

ページ先頭へ戻る