見積書の見方

見積書には、様々な重要事項が記載されています。
引越し当日に来る引越しスタッフは、その見積書の内容に従って引越し作業を進めますので、見積書に記載されていない事項については作業をしてくれないのが基本です。
見積書に記載されていない事項を作業してもらうと、オプション作業として追加料金が発生する場合があります。
家具の分解・組み立ての必要性、吊り上げ・吊り降し作業の必要性、一回で全ての荷物を積みきれなかったなどの見解の相違があるとトラブルとなる可能性があります。

 

営業担当者の間で交わされた口約束などは、引越しスタッフには伝わっていないと考えておいた方がよいでしょう。
営業担当者と約束した事柄などは、見積書にもきちんと記載されているか確認をしておくべきです。

 

見積書は契約書であるとの認識のもと、内容をしっかりと確認したうえで、不明確な点はキチンと営業担当者に確認し、抜けている内容があれば見積書の書面上に残しておいてもらいましょう。

 

なお、「標準引越運送約款」では、見積書には以下の内容を記載しなければならないとされています。
最低限、これらの内容は記載されているはずですので確認しておきましょう。

 

  1. 申込者の氏名又は名称、住所及び電話番号
  2. 荷受人の氏名又は名称、住所及び電話番号
  3. 荷物の受取日時及び引渡日
  4. 発送地及び到達地の地名、地番及び連絡先電話番号
  5. 運賃等の合計額、内訳及び支払方法
  6. 解約手数料の額
  7. 当店の名称、事業許可番号、住所、電話番号、見積り担当者の氏名及び問い合わせ窓口電話番号
  8. 荷送人及び荷受人並びに当店が行う作業内容
  9. その他見積りに関し必要な事項

安い引越し業者に決めるための第一歩です。

安い引越しを実現するために、まずはできるだけ多くの引越し業者から見積りをとる。ことがポイントです。

無料

一社ずつ見積もりを取るのには大変な手間と労力を要しますが、こちらからの一括見積りは、たった一度の入力で236社以上の引越し業者の中からの厳選数社の見積りを簡単かつ無料で請求できます。 サカイ引越センター、アート引越しセンター、アーク引っ越しセンター、引越しは日通、名鉄引越便、ひっこし専門、SG MOVING、クロネコヤマト引越センター、アリさんマークの引越社、アート引越センター、町の引越屋さん、Duck、Hello!!

安い引っ越し業者を
見つける!

※一括見積りを無料かつ簡単に取得する手順はこちらのページで解説しています。参考にしてみて下さい。

 - 安い引越し実現のために

ページ先頭へ戻る